建設横浜ニュース一覧

【第78回大手企業交渉】交渉し続け単価上がる。実態告発で改善の約束

現場からの経験報告をする今村直基さん=10月19日、日本教育会館

【第78回大手企業交渉】交渉し続け単価上がる。実態告発で改善の約束

第78回大手企業交渉が10月19日、20日を中心に開催され、ゼネコンと住宅メーカーなど40社を相手に、現場就労者の処遇改善、適正な工事契約等を要請しました。

企業交渉前に行われた意思統一集会では、今村直基さん(港北支部)が登壇し、「今まで直接担当者と単価交渉をし続け、企業交渉の場でさらに訴えたことで、実際に単価が上がりました」「単価が上がらなければ、もう仕事は受けないという気持ちでしたので、相手に今村だとバレても良いと思い訴えた結果だと思っています」「実際に今村とバレましたが、今でも仕事は来ますし、むしろ以前よりも増えています」と現場からの経験報告がありました。
今回の交渉では、「働き方改革の実現」「インボイスや資材高騰による影響へ柔軟な対応」「元請主導による抜本的な賃金引上げ」「現場での安全対策と就労環境の改善」などを大きな要求の柱に据えました。実際に参加者から出される実態告発については、多くの企業で改善の約束が示されました。

人手不足が深刻。課題改善が急務

交渉に参加した住友林業では、屋根材やサイディングのプレカットが進み効率をアップさせたり、竣工の平準化を進めています。しかし、立て込む時もあり、人手不足を痛感しているようです。
企業側も組合と同じく、高齢化、若者の建設業離れは深刻という認識です。現場施工もままならない実態には、早急な現場の就労改善、賃金の引上げ、休日の確保などが求められます。

【戸井雅一通信員】

現場からの経験報告をする今村直基さん=10月19日、日本教育会館

現場からの経験報告をする今村直基さん=10月19日、日本教育会館

関連記事

ピックアップ記事

  1. 署名を水野もと子参院議員(立憲、右)に手渡す山﨑隆さん(港北支部、中央)=5月8日、参議院会館
    【100万人署名提出行動】建設業界は必ず良くなる信じて運動を進める全建総連は、昨年11月から...
  2. 6グループに分かれて作業=3月23日、輪島市町野仮設団地
    【能登半島地震】応急木造仮設住宅建設住宅も道路も復旧追いつかず全国から仲間が駆けつけ作業...
  3. 5.3憲法大集会 全国から3万2000人
    【5.3憲法大集会】私たちが憲法を守る責任果たす全国から3万2000人憲法記念日の5月3日、...