建設横浜ニュース一覧

【春の拡大月間】鶴見支部が目標達成。423人の新しい仲間が加入

春の拡大月間、鶴見支部が目標達成。423人の新しい仲間が加入

様々な問い合わせ相談できる組合へ

春の拡大月間が4月15日まで取り組まれました。各支部で電話や訪問での対話、コロナ関連の支援制度の活用を広げました。鶴見支部が目標を達成し、423人の新たな仲間を迎え入れました。

鶴見支部ではこの春の月間を91人の目標で取り組み、99人の新しい仲間を迎えるとともに、青年部・主婦の会も目標を達成し、トリプル達成となりました。
一番の力になったのは、事業所対策です。日常的に建設国保や適用除外、労働保険関係の手続きはもちろん、この間のコロナ関連の諸制度の活用で関係を築いてきました。昨年末には、鶴見区内で南米にルーツのある電工が集まる団体とつながることができ、建設キャリアアップシステムの登録や一人親方問題で対話が広がりました。事業所の抱える課題について、正面から向き合うことで、信頼を獲得し、事業所と事業所が抱える一人親方がまとまって加入となりました。
税金相談のときにも仕事の状況を聞き取りながら、事業復活支援金や建設国保の減免制度の活用を案内してきました。青年部に加入する仲間が事業拡大に伴って法人化するという相談には、必要な諸手続きを支援し、従業員の採用に伴う拡大などの成果につながりました。主婦の会も地道に対話を重ね、最終日に目標達成となりました。
コロナ禍になり、事業や制度活用でも生活の面でも様々な問い合わせが組合に寄せられています。その一つひとつに寄り添う中で、組合への信頼が生まれています。そういう組合だから仲間を紹介してくれ、目標達成につながりました。先の見えない時期だからこそ、相談できる組合づくりを続けていきたいです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 署名を水野もと子参院議員(立憲、右)に手渡す山﨑隆さん(港北支部、中央)=5月8日、参議院会館
    【100万人署名提出行動】建設業界は必ず良くなる信じて運動を進める全建総連は、昨年11月から...
  2. 6グループに分かれて作業=3月23日、輪島市町野仮設団地
    【能登半島地震】応急木造仮設住宅建設住宅も道路も復旧追いつかず全国から仲間が駆けつけ作業...
  3. 5.3憲法大集会 全国から3万2000人
    【5.3憲法大集会】私たちが憲法を守る責任果たす全国から3万2000人憲法記念日の5月3日、...