建設横浜ニュース一覧

【建設アスベスト訴訟】元気なうちにアスベストのこと伝えていきたい

早期解決を訴える原告の中村義克さん=1月30日、情報文化ホール

【建設アスベスト訴訟】元気なうちにアスベストのこと伝えていきたい

建設アスベスト訴訟神奈川4陣期日が1月31日、横浜地方裁判所で行われ、会場前には100人近い仲間が結集しました。
裁判では、本来であれば遺族原告が被害者の病状などのアスベストの被害実態やその家族の苦しみ、残された遺族の悲しみを報告されます。今回は遺族原告の体調不良により弁護士からの代読となりました。
裁判終了後、情報文化ホールに移動し、この間のアスベスト訴訟によって法制化された「建設アスベスト被害給付金」改正集会が行われました。西村弁護団長から「まだまだ不十分であり、この給付金法の規則について引き続き検討していくとされています。アスベスト製造企業も賠償金に参加させる。そして、屋外作業への責任も国とメーカーに認めさせ、裁判によらない解決を求めていく必要がある」と強く訴えました。
また集会では、原告の中村義克さん(緑支部)が「元気なうちに後世にアスベストのことを伝えていきたい」と、自らがアスベスト関連疾患で少し歩けば息が上がる状態で訴えました。
仙田県連書記長からの行動提起でも「組合内でも一層盛り上げてすべての被害者救済・全面解決を目指そう」と決意表明がありました。

【金澤拓也通信員】

早期解決を訴える原告の中村義克さん=1月30日、情報文化ホール

早期解決を訴える原告の中村義克さん=1月30日、情報文化ホール

関連記事

ピックアップ記事

  1. 署名を水野もと子参院議員(立憲、右)に手渡す山﨑隆さん(港北支部、中央)=5月8日、参議院会館
    【100万人署名提出行動】建設業界は必ず良くなる信じて運動を進める全建総連は、昨年11月から...
  2. 6グループに分かれて作業=3月23日、輪島市町野仮設団地
    【能登半島地震】応急木造仮設住宅建設住宅も道路も復旧追いつかず全国から仲間が駆けつけ作業...
  3. 5.3憲法大集会 全国から3万2000人
    【5.3憲法大集会】私たちが憲法を守る責任果たす全国から3万2000人憲法記念日の5月3日、...