建設横浜ニュース一覧

「税金も手続きも大変な制度 中止の声を上げよう」インボイス制度学習会

鶴見・港北・川崎支部は合同で11月11日、鶴見支部でインボイス制度学習会を開催し、35人が参加しました。

はじめに井手税理士から消費税の申告の仕組みについて説明を受け、2023年から始まるインボイス制度について改正点や事務面の負担について学習しました。

現在、消費税が免税となっている事業者(一人親方等)についても、取引先との関係で登録が必要になる場合があります。同時に課税業者になる必要もあるので、慎重に判断する必要があります。

閉会あいさつで港北支部の松井さんは「税金の面でも、手続きの面でも大変な制度が始まろうとしています。消費税そのものがなければ、こんなめんどくさいこともしなくて済みます。

衆議院選挙は残念な結果だったけれど、来年の参議院選挙では、消費税減税・廃止、インボイス制度の中止を実現できるよう声を上げていきましょう」と訴えました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 建設国保今年度、建設国保の保険料にかかわって、大幅な変更が行われます。
  2. 建設アスベスト訴訟
    建設アスベスト訴訟昨年の5月の神奈川1陣の最高裁判決から当時の菅首相の謝罪、石綿被害給付金法...
  3. 春の拡大月間、鶴見支部が目標達成。423人の新しい仲間が加入
    様々な問い合わせ相談できる組合へ春の拡大月間が4月15日まで取り組まれました。