建設横浜ニュース一覧

【全国から大工が集結】一致団結して作業する姿に感心

神奈川県連からの激励と差し入れを受け取る大工集団=4月17日、石川県町野仮設団地その3建設現場

【全国から大工が集結】一致団結して作業する姿に感心

能登半島地震 応急木造仮設住宅建設

能登半島地震における応急木造仮設住宅の建設が3月18日から始まっています。神奈川県連から、現場で従事できる大工の派遣要請を受けて、建設横浜も石川県輪島市へ12人の大工をおくりだしました。

川崎支部の多田安春さんと伊藤寛行さんは4月1日から13日まで南志見多目的グラウンドで、応急木造仮設住宅の建設に従事してきました。
福島や熊本での仮設住宅建設には行けなかったので、今回はどうしても行きたい、と大工の募集がかかると同時に登録。仕事を調整し、キャリアアップカードの就労先も現地の事業所に変更して準備を整えました。また、足りない道具があると仕事に差し支えるからと、知り合いの大工にもビス打ち機などを借り、4月1日の朝から働くために、前日の朝4時に川崎を出発。乗り合いで石川県に向かいました。


【依藤春実通信員】

神奈川県連からの激励と差し入れを受け取る大工集団=4月17日、石川県町野仮設団地その3建設現場

神奈川県連からの激励と差し入れを受け取る大工集団=4月17日、石川県町野仮設団地その3建設現場

関連記事

ピックアップ記事

  1. 署名を水野もと子参院議員(立憲、右)に手渡す山﨑隆さん(港北支部、中央)=5月8日、参議院会館
    【100万人署名提出行動】建設業界は必ず良くなる信じて運動を進める全建総連は、昨年11月から...
  2. 6グループに分かれて作業=3月23日、輪島市町野仮設団地
    【能登半島地震】応急木造仮設住宅建設住宅も道路も復旧追いつかず全国から仲間が駆けつけ作業...
  3. 5.3憲法大集会 全国から3万2000人
    【5.3憲法大集会】私たちが憲法を守る責任果たす全国から3万2000人憲法記念日の5月3日、...