建設横浜ニュース一覧

新型コロナウイルス再まん延―建設国保料減免12月末まで延長

新型コロナウイルス再まん延
建設国保料減免12月末まで延長

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。組合にも連日のように感染したとの問い合わせがあり、多くの仲間が建設国保の保険料減免や傷病手当金、市連共済の給付を受けています。いずれも保健所等が発行する療養証明書やマイハーシス(厚労省のWebシステム)で、感染および療養を証明してもらう、または医療機関を受診されている方は、傷病手当金の申請書に医師の証明をもらってください。詳細は各支部にお問い合わせください。

民間検査場で陽性
保健所へ連絡必須

 証明書発行には、保健所や神奈川県、厚労省への登録が必要です。医療機関を受診した場合は、医療機関を通じて登録されます。
 民間の検査場で陽性の反応が出た場合は、保健所や医療機関へ連絡が必要です。検査キットを使って、自主療養を選択した場合は、個人で感染にかかわる情報を登録する必要があります。
 感染したという事実だけでは、制度の利用はできません。医療機関で陽性反応が出た場合を除いて、必ず登録が必要です。時期を開けずに必要な登録を行い、証明書を使って、諸制度を利用しましょう。保険料減免等の措置は12月31日まで延長されました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 署名を水野もと子参院議員(立憲、右)に手渡す山﨑隆さん(港北支部、中央)=5月8日、参議院会館
    【100万人署名提出行動】建設業界は必ず良くなる信じて運動を進める全建総連は、昨年11月から...
  2. 6グループに分かれて作業=3月23日、輪島市町野仮設団地
    【能登半島地震】応急木造仮設住宅建設住宅も道路も復旧追いつかず全国から仲間が駆けつけ作業...
  3. 5.3憲法大集会 全国から3万2000人
    【5.3憲法大集会】私たちが憲法を守る責任果たす全国から3万2000人憲法記念日の5月3日、...