建設横浜ニュース一覧

職訓校が1年ぶりの建前披露、9月実施に向け訓練

職訓校では、二俣川にある産業短大実習場の建て替え工事に伴い、和田町校舎にて実技訓練を行っています。教室に床一面コンパネを敷いて、作業ができるようにしていますが、それまでの広い実習場とは勝手が違い、生徒達は苦労しながら作業をしています。

狭い教室では密になりがちなため、周囲に気を使いながら作業をしており、訓練を始めた当初は「実習場の方が広くて作業しやすかった」と言った声がありましたが、今では各学年共に「学科よりも技術を学べる実技の方が楽しいので、どこでやっても同じかな」という意見がほとんどです。

昨年はコロナの影響で中止になった建前披露が今年は9月末の実施が決まり、訓練生全員が1年ぶりの職訓校一大イベントに、期待に胸を膨らませながら日々訓練に励んでいます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【処遇改善 賃金UP】今こそ要求実現のチャンス! 100万人署名で建設業を変えよう法貴 一昌 賃...
  2. 【初めての消費税申告】特例は期間限定インボイス制度が始まって、初めての確定申告です。
  3. 震度7の地震 能登地方を襲う-復興に向け木造仮設住宅建設へ伊藤 保 執行委員長元日に能登地方...