横浜建設一般労働組合(建設横浜)総合案内パンフレット

横浜最大の建設組合である横浜建設一般労働組合(略称:建設横浜)の総合案内パンフレット


>> P.2

建設キャリアアップシステムCCUSへの登録義務化深刻な建設業の担い手不足を克服して、若者が生涯を通じて魅力的な職業、産業であることを目に見える形で示していくための「技能評価基準」を定めて、その能力に応じて処遇の改善を目指すためにCCUSは立ち上がりました。建設技能者の能力評価制度職種ごとに経験や資格を用いた能力評価基準を策定レベル2建設キャリアアップシステム○○○○○○○○○建設太郎○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○中堅技能者(一人前)レベル1建設キャリアアップシステム○○○○○○○○○建設太郎○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○初級技能者(見習い)GOLDCARDレベル4建設キャリアアップシステム○○○○○○○○○建設太郎○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○高度なマネジメント能力を有する者(登録基幹技能者等)レベル3建設キャリアアップシステム○○○○○○○○○建設太郎○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○職長として現場に従事できる者能力評価基準に基づき、レベル1からレベル4のカードを発行制度の目的技能評価のしくみレベル1レベル2レベル3レベル42初級技能者(見習い)…見習いとは言え、最低賃金法に違反するような賃金で働かせてはいけません。中堅技能者(一人前)…指示した作業を一人でこなせる能力を有する水準です。意欲も高まる時代です。熟練工として見習い工への指導教育の役割も担う水準です。熟達した作業能力と豊富な知識を持つとともに、現場をまとめ、効率的に作業を進めるためのマネジメント能力に優れた技能者で、専門工事業団体の資格認定を受けた者です。現場では、いわゆる上級職長などとして、元請の計画・管理業務に参画し、補佐することが期待されています。技能ランクを4段階に区分してCCUS登録は建設業に従事する者が自身の技能資格取得や就業履歴を登録していきます。施工実績や技能を対外的にアピールできて、新たな仕事の受注確保にも繋がるシステムになって行きます。国土交通省は、2024年を目処に、すべての建設業者・技能者のCCUS登録を目指しています。未登録のままだと建設業の許可の更新時に不利益な扱いを受ける可能性もあります。緑支部飯島誠さん


<< | < | > | >>