• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

横浜市長選8月22日投票で横浜市大元教授を支持「カジノ誘致ストップ!全員食べられる中学校給食!住宅リフォーム助成!」

2021-08-01

 8月22日投開票で横浜市長選挙が行われます。横浜へのカジノ誘致の是非、コロナ対策の推進、医療福祉政策など多岐にわたる分野での市民要求が争点となる選挙です。建設横浜は山中竹春さんの支持を決定しました。

 建設横浜では、長年にわたって「市民の市長をつくる会(市民の会)」の運動に結集し、市長選挙以外の機会においても建設職人の要求実現を目指して運動を展開してきました。とりわけ公共工事現場での賃金や利益を下支えする「公契約条例」、町場での仕事確保に大きな追い風となる「住宅リフォーム助成制度」、主婦の会中心に実現を目指した「全員食べられる中学校給食」などを実現する大きなチャンスが市長選挙です。

 建設横浜では、これまでも政策実現を確約できる候補を応援してきたことから、「市民の会」での候補者選考を見守ってきました。こうした運動の経過から、カジノ誘致を住民投票で決めさせる運動の枠組みから横浜市大元教授の山中竹春さんが市長選への立候補を決意、「市民の会」として支持を決定、建設横浜も山中竹春さんを支持していく事を決定しました。

 山中竹春さんは、コロナワクチンの免疫力の研究や、コロナ対策での政策提言でも知られ、カジノ誘致阻止の思いも強く、住民自治を踏みにじる市政の転換を政策の柱に掲げ、私たちの政策要望実現に前向きに取り組んでいただける方です。夏の暑い中での選挙戦が行われます。周りの仲間にも呼び掛けて必ず投票に行きましょう。

手と足動かず入院、建設国保で食事代だけ(保土ヶ谷西支部・Tさん) ウッドショックに建設業者が悲鳴「仕入れに影響」「工期難しい」
新着情報ここまで