• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

「先が見えないから新しい繫がりを作る」塗装・防水合同勉強会

2021-05-06

 塗装工・防水工合同勉強会が4月17日、建設プラザかながわで開催され、全体で54人、建設横浜からも19人が参加しました。

 講演では、いち塗装会社から立ち上げた株式会社サカクラから坂倉代表取締役副社長が見え、自社が手掛ける事業説明と協力業者募集の宣伝を行いました。

続いて、長谷部全建総連賃金対策部長は、来年度から国土交通省が偽装一人親方問題にメスを入れるとし、常用外注の雇用適正化を訴えました。他に労働者供給事業の供給先となった株式会社BOUSUI・TECから、組合と労働協約を結び、防水工の供給を受けた経験報告がありました。

 最後に参加者は名刺交換会を行いました。「コロナ対策で、塗装と防水がフロアを分けて名刺交換した。時間がなく防水工の人と名刺交換できず残念だった。もっと参加者が少ないと思ったけど、意外に多く、コロナで先が見えない不安があるからこそ、新しい繋がりを作って仕事先を増やしたいと、みんな集まったんだと思う」といった感想がありました。

「事業主の責任の重さを改めて実感」労働安全学習会 「企業、職人、組合 話し合いで良い現場に」現場訪問行動
新着情報ここまで