• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

神奈川アスベスト訴訟第3陣に新たに7人が追加提訴

2021-03-10

 2月16日アスベスト訴訟神奈川原告団第3陣の追加提訴が横浜地裁に対し行われました。今回7人(内建設横浜3人)の原告が追加となり昨年3月の提訴時の原告27人と合わせ34人の原告団となりました。

 13年前の第1陣の提訴から全国のアスベスト訴訟の原告数は1000人を超え、そのうち7割以上の仲間がすでに亡くなり遺族が裁判を闘っています。昨年末の東京訴訟では国の上告を不受理とする最高裁の判断が出されたことに続き、1月には京都訴訟も最高裁での国の責任が確定しました。

 いまだに終わることのない被害をアスベストは生み出していることを知らせ、被害で苦しむ被害者の全面救済の為の補償基金制度創設を目指し、新たな追加提訴となりました。

集会では望月2陣団長から「病気を抱えながら裁判をするは大変な負担となる。裁判をしないでいいように、高い水準での解決を求めていきます」と息を切らしながらの報告がありました。

田井弁護団事務局長からも「国の責任は明らかになり、一人親方に対する責任も確定した。アスベスト製造企業の責任も神奈川・東京・京都の最高裁判断により明らかになっています。年内解決を願ってこれからの取り組みが重要となる」と報告されました。

「お客様との信頼関係がクレームを無くす」みなと支部 クレーム対策セミナー 「不払い解決から20年、今も困った時は組合に」(川崎支部・Tさん)
新着情報ここまで