• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

木造仮設住宅の建築。社会貢献は良い経験(旭瀬谷支部・Iさん)

2020-09-01

 私は組合に入って48年になります。加入前は仕事の先輩ばかりだったので、同年代の仲間が欲しくて組合に入りました。

 組合に入り、同年代の仲間と話をし、土曜の夜から皆で遊びに行きました。とても楽しく、組合って仲間の繋がりだなと思いました。

 全木協の指導の中で木造仮設住宅の建築に参加し、全国の仲間と一つのものを造り上げ、社会貢献できたことは、私にとって良い経験となり、組合に入っていて良かったなと思っていますし、人生の誇りに思っています。

 今求められているのは、仲間によって救われ、助けられ、気兼ねなく話ができる仲間づくりを組合として考える時なのかなと思い、私も執行委員長として、また一組合員として仲間づくりに努めていきたいと思っています。

「けんせつ横浜」第134号(2020年9月1日)「組合に入ってよかった 助かりました」より

「初めて見た、良い経験に」 職業体験授業を開催 8月の第2陣判決勝利基金制度創設に向け市連アスベスト原告団交流会
新着情報ここまで