• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

私の人生を変えた千葉へのバス旅行(川崎支部・Yさん)

2020-03-01

 結婚以来、三食昼寝付きという、まったくの専業主婦だった私の人生を変えたのが組合という場所でした。

 主人は組合員暦40年で大工をしています。その主人の口から組合という言葉など一度も聞いたことがありませんし、印象はあまり良く思わず、堅苦しい所だと思っていましたが、3年前、川崎支部のバス旅行で千葉へのいちご狩りに初めて参加して、こんな明るく楽しい行事があるのだと知りました。その後、私も組合に入り、今では勉強会、イベント、旅行など色々な行事に係るようになりました。今では主人も少しではありますが、イベントに参加してくれるようになりました。

 組合は労働環境の問題や法律相談など主に男性がメインの印象ですが、支部ごとに子ども向け、家族向けのイベントをしています。主婦の方でもヨガ教室や年輩の方も出来るらくらく体操などリフレッシュできる行事もあります。少しずつではありますが、子どもさんを連れての参加が増えています。参加を悩まれている方は一度支部に来ませんか。

 私は今後も組合活動に参加していきたいと考えています。

「けんせつ横浜」第128号(2020年3月1日)「組合に入ってよかった 助かりました」より。

建設アスベスト訴訟神奈川2陣が結審 判決は8月28日に 「お互いを励ます大事な交流」アスベスト原告団新春のつどい
新着情報ここまで