• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

「カジノ誘致に組合は断固反対」住民投票求め直接請求署名取り組む

2019-11-01

 林横浜市長が8月22日に突然、これまで市民の意見を聞いて判断するとしていたカジノを含むIR誘致を表明しました。カジノは、損した人の金額の多さで利益を出すものであり、ギャンブル依存症や治安悪化などの諸問題を抱えていること、カジノ誘致が、アメリカの利益誘導によるものと考えられる点から言って、組合は断固反対していくものです。

 そして、住みたい街ランキング1位の横浜とギャンブル・カジノは、ふさわしくないと率直に思います。

 10月3日には、カジノ誘致反対横浜連絡会主催の集会が1200人で開催され、その中で住民投票実施を求める直接請求署名の取り組みが提起されました。12月末まで直接請求署名を集める受任者を1万人以上集めることを目標にしています。組合でも各支部を窓口に受任者を500人近くまで集めることを決定しています。

 ぜひともカジノ誘致反対の声を大きくしていくためにも組合員の多くの方が受任者になってくれるように呼びかけます。希望者は各支部までご連絡ください。

大きな手術も建設国保で入院医療費は負担なし(磯子支部・Kさん) 賃確法適用「あきらめるのはいや」と、未払い賃金8割受け取る
新着情報ここまで