• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

疑問から確信に 独立を決意(Kさん・みなと支部)

2019-10-01

組合には、20年前から加入しています。きっかけは、親方の勧めで、建設国保に入りました。

 当時は、組合に入っていても、事務所に組合費を納めに行くくらいで、今のように、本部の書記次長をさせていただくことになるとは思っていませんでした。

 組合活動をやり始めたきっかけは、事務所に組合費を納めに行ったとき、飲み会が中心でしたが、青年部を勧められたことです。

 お酒は嫌いではないので、参加者と意気投合し、徐々に組合活動に足を踏み入れることとなりました。
 青年部の次は、支部の執行委員を勧められ、頼まれると断われない性格のため、右も左もわからないまま、執行委員になってしまいました。

 執行委員になってからは、情勢などを少しずつ学び、今の自分の働き方にたいして疑問を持つようになりました。

 そこから、様々な分野を学び、疑問から確信に変わって、独立する決意をしました。悩んでいる間は、他の役員や事務局などの相談し、個人ではありますが、事業主になることができました。

 色々と苦労はありましたが、組合に入っていなかったら、一歩ふみだすことができなかったと思います。

「けんせつ横浜」第123号(2019年10月1日)「組合に入ってよかった 助かりました」より。

「持ち主に説明し安心を得る」千葉県住宅復旧ボランティア― 「カジノ反対が7割以上」幅広い年代が共通認識
新着情報ここまで