• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

労働者供給事業「建設横浜で初めて労働協約書を締結」

2019-08-20

厚労省から認可を受けて取り組んできた労働者供給事業で、建設横浜で初めて労働協約書を締結することになり、磯子支部の遠藤陽介さんが代表を務める㈱真和建築と8月20日に調印しました。当日は組合から塚本委員長、真和建築代表の遠藤氏、労働者として真和建築に供給される黒さんが労働協約書などを確認しました。

 労働協約書および付属書では、1日8時間での日額と1日8時間週40時間を超えた場合の時間外労働の賃金、さらに現場までの交通費など細かく様々な事を明確に記載して確認しています。組合では、多くの企業と労働協約を結んでいくことをめざしています。

「横浜にカジノはいらない!」白紙から一転、林市長 カジノ誘致を表明 夏休み社会科見学「ワー、ウォー」強い揺れ体験
新着情報ここまで