• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

建設アスベスト訴訟「署名への取り組みが被害者救済に」

2019-04-15

 神奈川アスベスト訴訟第 2陣第1回期日が、4月15日に東京高裁で行われました。当日は首都圏全域から多くの原告・組合員が高裁前に集結しました。

一昨年の10月横浜で、国に対し6度目、アスベスト製造企業に対しては全国で2度目の勝訴判決となりました。その後の全国の建設アスベスト訴訟においても国・メーカー・一人親方について全面的勝利判決を勝ち取ることができました。

 この日は第2陣の団長の望月さんが、当時は現場従事者が防塵マスクを着用しないまま、アスベスト粉塵が舞う劣悪な環境下で作業を行った結果病気を発症し、今現在も苦しみ続けている多くの仲間の叫びを裁判官・国・メーカーに訴えました。

また、安倍首相あてに全面解決を求める要請書を山添議員に手渡し、「生きているうちにアスベスト被害者の補償基金を設立してください」と訴えました。

 今後も我々の仲間が決して同じ苦しみを味わうことがないよう署名へのご協力をお願いします。


山添氏へ要請書を提出=4月15日、衆議院議員会館

大手企業交渉「確実な賃上げと法定福利費の支払いを」 アスベスト訴訟官邸前宣伝行動「補償基金を作れ」安倍首相に解決迫る
新着情報ここまで