• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

県内一斉現場訪問「3現場で懇談 賛同書を締結」(鶴見支部)

2019-03-25

 県内一斉現場訪問行動が3月25日に実施され、鶴見支部は3現場で現場責任者と懇談しました。

 建設キャリアアップシステムの本格的な運用が間近と迫る中、竹中工務店の現場では既に先行して運用がスタート。「一人一人の現場従事者の就労履歴や保有資格を登録し、技能者の公正な評価や現場従事者の賃金上昇に繋がるよう努める」といった発言があり、大和ハウスの現場では、「週休2日制が望ましいが、一人親方の方々にとっては賃金そのものを引き上げないと大変だという認識はある」との発言がありました。

また、竹中工務店の担当者からは「週休2日制実現には、組合が要求する通り、賃金単価の約20%引き上げと、ゆとりある工期設定を求めていきたい」との意見がありました。

なお、懇談した3社とも「フルハーネス特別教育を協力会社の労働者に受講させたいが、どの受講機関も定員に達しており、なかなか受けられない」という共通の悩みが。組合を通じて受講ができると案内すると、「ぜひとも協力会社に周知して、組合さんで開催する講習会に参加させたい」といった前向きな意見を得ました。懇談の最後には、3社と賛同書を締結しました。

イベント通じて組合が身近に(鶴見支部・Nさん) 建設アスベスト「安心して生活できる補償を」署名に関心を持つ人も
新着情報ここまで