• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

「初心にかえり安全対策に気を配る」 横浜市連労働安全大会

2018-11-21

 横浜市連主催の労働安全大会が11月21日、建設プラザかながわで開催され、95人が参加しました。

 安全大会では、横浜北労働基準監督署から小暮勤副署長が見え、労働災害防止対策や働き方改革について講演を行い、「労災防止対策が監督署の大きな課題ですが、もう一つの課題は働き方改革です」と解説しました。2024年4月から建設業にも時間外労働の上限規制が適用されます。

 参加者からは、「1回、屋根工事で手を切る労災事故を起しました。自分では安全について意識できていると思っていたが、初心にかえり、しっかり安全対策に気を配ります。講演は、プロジェクターを使うなどもっと具体例を出してほしかった」、「講演を聴き、現場でも労働時間や休憩時間を何時から何時とはっきり決め、それを守って働けば、事故も減るかなと思いました」と感想がありました。

加入が1か月遅かったら…(磯子支部Hさん) 全建総連総決起大会「賃金単価を引き上げ若者に選ばれる産業へ」
新着情報ここまで