• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

賃金アップ労働条件の改善「労働者供給事業へ登録を」

2018-09-14

 今、労働者供給事業が横浜市内の建設業者から注目を浴びています。9月14日に行なわれた企業向け説明会には、横浜市建設業協会の会員企業から多数の参加がありました。

 まずは、実績を積み上げていくことが求められています。その中で、賃金・労働条件の要求を確立させ、より良い現場(環境)を作り上げていくことが求められています。

なによりも、労働組合が労働協約締結のもとで対等平等に話し合い、労働者としての認識を高め、無権利状況から脱却し、人間らしい働き方を進めるうえでも重要な取組であります。

横浜での登録説明会、企業向けのセミナー、首都圏共闘が開催する「処遇改善・担い手確保のシンポジウム」を成功させ、新しい時代の新しい働き方を建設労働組合として前進させてください。

辺野古新基地建設反対!「憲法の下に復帰したい」 「この先10年に向けて支部を超えて交流」10周年フェスティバル
新着情報ここまで