• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

公契約条例制定を求め県側と激しく意見交換

2018-09-04

 神奈川県の来年度予算編成を前に、9月4日に神奈川建設労連の諸要求を県当局に伝える「対県交渉」が行われ、建設横浜から多くの役員が参加しました。

 産業対策関係の分野と、社会保障関係の分野で2つの会場に分かれ、事前に県当局が示していた回答メモをもとに意見交換が行われました。

 産業対策分野では、公共工事現場での賃金水準の引き上げを誘導する「公契約条例」の制定を求める組合側と、先行運用自治体の動向を見守りたい県当局の意見が激しく交わされ、「県発注工事の現場賃金調査の改善」が確認されました。

 また公共建築物での木質化推進や、県内でのアスベスト対策の推進、住宅デーでの後援、地元建設業者の育成策など多岐にわたって意見が交わされました。来春は「いっせい地方選挙」、県政・市政を大きく変えるチャンスがやってきます。

「この先10年に向けて支部を超えて交流」10周年フェスティバル 「入院代はどのくらい?建設国保にビックリ」(旭瀬谷支部Kさん)
新着情報ここまで