• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

建設アスベスト裁判 京都訴訟(8.31大阪高裁)「国、製造企業の責任認め一人親方も救済、原告すべて勝利する画期的判決」

2018-08-31

 全国で闘われている建設アスベスト訴訟、京都1陣訴訟の大阪高裁判決が8月31日に出されました。国の責任と共にアスベスト製造企業の責任も認め、一人親方等も救済し、被害者25人全てが救済される、全面的に勝利する画期的判決となりました。現在、全国で6箇所各1陣2陣で12件の訴訟が進行しており、高裁での判決は神奈川・東京に続き3度目となりました。

 首都圏の仲間は厚労省前に集まり、判決を待ちました。「国の責任を9たび断罪」、「建材メーカーを厳しく断罪」と書かれた幕が掲げられると歓声が上がりました。またアスベスト製造企業の責任も認める判決は、先の東京高裁判決に続くものです。一人親方等も含め救済する被害者全員が救済される判決は全国初です。

補償基金制度を早期に創設を

 前回の京都地裁での判決内容を上回り、一人親方等と事業主も含めて、建設現場では労働者と同様に扱うという判決が続いたことに大きな意義があります。また全国で京都だけ勝ち取っている石綿含有建材の切断における屋外作業も前回同様期間が短い者も国の責任が認められました。

 9度目の国責任、3度目のアスベスト製造企業の責任が認められアスベスト被害の責任は揺るぎないものとなっています。国はいたずらに長引かせることなく、本人原告の多くが亡くなる中、早期の解決を組合は求めています。

 当日厚労省前で判決を待った神奈川訴訟の遺族原告の鍵山知栄さん(保土ヶ谷西支部)は、「何度勝てば国は責任を認め謝るのか、被害者補償基金制度創設に動くのか、私たちは諦めず続けていく」と語りました。

 現在、国会議員の過半数を超える賛同を与党野党から得ています。すでに神奈川・東京の1陣が最高裁に舞台を移していますが、最高裁判決を待つことなく早期の救済制度創設を求めていきます。

「入院代はどのくらい?建設国保にビックリ」(旭瀬谷支部Kさん) 「戦争は二度と起こしてはいけない」原水爆禁止広島大会へ組合代表15人参加へ
新着情報ここまで