• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

「入院代はどのくらい?建設国保にビックリ」(旭瀬谷支部Kさん)

2018-09-01

型枠大工です。現場での朝礼前の出来事でした。トイレに行こうとしたら、空咳が出て背中が痛み、息ができなくなりました。やっとのことでトイレから戻ってきた時には歩くこともままならず、すぐに車で病院に運んでもらいました。病院で診てもらったら、肺に穴があいていて即入院でした。肺気腫でした。

 大きな手術と長期の入院をするのが初めてで、入院代がどのくらいかかるのかとても心配になりました。そんな時、仕事仲間が組合に連絡してくれ、書類を病院まで持ってきてくれました。私は建設国保に入っていたため退院時に治療費の負担がない事を知ってすごくビックリしました。本当に助かりました。私のために病院と組合を行き来してくれた仲間に感謝しています。組合に入っていて良かったです。

「けんせつ横浜」第110号(2018年9月1日)「組合に入ってよかった 助かりました」より。

公契約条例制定を求め県側と激しく意見交換 建設アスベスト裁判 京都訴訟(8.31大阪高裁)「国、製造企業の責任認め一人親方も救済、原告すべて勝利する画期的判決」
新着情報ここまで