• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

神奈川支部青年部が労災ミニ学習会「安心して働けるよう労災制度をしっかり学ぶ」

2018-02-20

 神奈川支部青年部は2月20日、支部事務所で労災ミニ学習会を開催。他支部からの参加があり、12人で開催しました。講師は建設横浜事務センター長の金澤氏を招きました。

 講演では、「重大なケガをした後に、皆さん決まって労災にちゃんと入っておけば良かったと言います。だからこそ、労災の正しい知識を身につけてほしい」と開催趣旨を伝え、障害者年金がもらえるケガの場合、日額6千円の特別加入労災だと実際生活できないこと、ぎっくり腰でも現場中なら労災で治療を受けた方がいいこと、中小事業主労災は労働者と仕事していないと労災が下りないことなど、実例を交えて解説しました。

 参加者から何度も質問が飛び出すほど白熱し、「次は確定申告について学びたい」と意欲的な感想が出ました。

横浜PAL「利益確保への運動、より一層の組織発展を」 「アスベスト危険性の共有を」横浜市連アスベスト原告団第14回交流会
新着情報ここまで