• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

地場ゼネコンを対象とした県内企業一斉懇談

2017-11-06

 地場ゼネコンを対象とした県内企業一斉懇談が11月6日に行われ、㈱小俣組との懇談に参加しました。

 小俣組からは、「職人の確保が難しく、特に鉄骨工がいません。当社はこれまでRC造のマンション建設の仕事が多く、鉄骨工との繋がりは薄くなっていました。しかし昨年は、S造の仕事が増え、鉄筋工や型枠大工よりも、鉄骨工の確保が厳しかったです」と内情説明がありました。

組合側が週休2日制を導入する話についての見解を聞いたところ、「当社でも進めていこうと検討中です。社長自ら率先して、土日じゃなくていいから週2日休もうと言ってくれていますが、難しいです。休みが増えても、その分の賃金が上がらないと意味がなく、その上、ギリギリの人数で仕事を回しているので、休ませたくてもできない矛盾があります」といった率直な回答がありました。

 他にも下請に法定福利費をきちんと払っているかという質問に対して、「一方的に減額していないし、指値発注もしていない。100%払えないという場合もあるが、当社は協力会社の協力なしでは仕事ができません。ですので仕事を下請に依頼するという認識はなく、協力会社にお願いするという考えでいます」といった回答がありました。

北部ブロックが学習会「激変期を迎えた一人親方をめぐる情勢」 中央ブロックが「建設業法と労働法セミナー」
新着情報ここまで