• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

北部ブロックPAL定期総会「現場従事者が声を上げることが重要」

2017-07-22

 ゼネコン現場の就労環境や賃金・単価改善を具体的に勝ち取るには、元請ゼネコンと直接交渉できる企業交渉時に「現場従事する組合員が、元請に対して、声を挙げる事が重要」秋の企業交渉に、旺盛な現場従事者の参加を呼び掛けよう、と7月22日に開催した「北部ブロックPAL定期総会」で確認しました。

 総会では、事業主向け学習会を定期的に開催し、雇用する者としての「責任」「義務」などの理解を深めることを念頭に活動計画が決まりました。

 北部PALでは事業主が工事契約の相手と、適正な契約行為が貫徹されて利益をあげ、その事業所の労働者が「賃金」「労働条件」をその事業主に要求して獲得することが重要と考えています。

 他に、大手企業交渉結果分析についての講義も行われ、ゼネコン回答の傾向として「法定福利費や賃金については、直接契約関係に無いため立ち入らない。一次には法定福利費や十分な工事代金を支払っている」と企業側の回答傾向が報告されました。

心筋梗塞で入院、受領委任払い知る(旭瀬谷支部・Uさん) 神奈川アスベスト訴訟「高裁判決10月27日、署名・宣伝行動強化」
新着情報ここまで