• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

横浜市長選7月30日「子育て安心の横浜に カジノ反対 中学校給食」 市政を語るつどい

2017-06-06


 横浜市長選挙を7月30日にひかえ、「市民の市長をつくる会」は6月16日、県民ホールで集会を開き、市民の共同と野党共闘による「市民の願いを実現する市政に」と訴えました。会場は、賛同する仲間1400人が席を埋めました。

 挨拶に立った市民の会代表は、「中学校給食や教科書問題、カジノ誘致を進める林市政に反対して、横浜を安心して子育てができる社会に変えていかなければなりません。横浜市民に訴え実現しましょう」と呼びかけました。応援に駆け付けた元SEALDsの諏訪原健さんは、「地域・草の根から、より良く生きる社会・横浜としてのムーブメントにしよう。市民連合が野党を動かし、変えていこう」と訴えました。

 現市長は安倍政権の横浜版。市民の多くが反対しているカジノ誘致に積極的で、中学校給食ではなく「ハマ弁」に固執しています。そのような林市長の政策に対して、「市民の会」は市民の立場に立つ、カジノ誘致反対、中学校給食実施、憲法を守り市政に生かすなど基本政策を提案しています。

主婦の会定期大会「運動方針をもとに新しい仲間をむかえよう」 熊本地震の仮設写真、参加者の関心呼ぶ(南支部)
新着情報ここまで