• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

第9回定期大会「法定福利費要求請求運動を進め成果を上げる年に」

2017-05-28

建設横浜は5月28日、開港記念会館で「第9回定期大会」を140人の仲間が集まり開催しました。分科会を通じて討議を深め、運動方針案を採択したほか、新執行部、新役員を選出し、参加者は決意を新たにしました。

 昨年大会比47人増の11043人で迎えた本大会、冒頭あいさつに立った二方執行委員長は建設横浜として初の目標達成となった春の拡大月間での仲間の奮闘に敬意を表し、「勝ち取った成果や積み重ねた経験を大いに語り合い、新たな一年に歩み出す方針を深め、確信を持とう」と呼びかけました。

 法定福利費確保に向け、要求請求運動の具体化を進め成果を上げよう、建設アスベスト訴訟勝利に向け奮闘しようなど、安心して働ける建設産業に向け団結して前進を決意する大会宣言を採択したほか、憲法を無視した「共謀罪法案に断固として反対する」特別決議も満場一致で採択しました。

 また、塚本三千雄新執行委員長や倉石裕士新書記長など新たな執行部を選出しました。


建設産業の処遇改善に向け団結ガンバロー=5月28日、開港記念会館

「役員になり多くの人と交流」この楽しみを広げたい(神奈川支部Mさん) 「現場の声、大手社長も共有」第65回大手企業交渉の総括会議
新着情報ここまで