• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

「組合拡大は仕事と暮らしを守る」緑支部Tさん

2017-04-01

組合に加入した理由は、税金相談の事を含め、自分自身の生活改善に向けた力を強めていきたいと考えたからです。

 建設国保や労災保険など仕事と暮らしを守ってきた組合の諸制度をめぐる情勢は厳しさを増しつつあるということも実感していますが、組合を守るための拡大ではなく、仕事と暮らしを守るためのことだと考えています。

 建設現場で働く者は体が資本です。国保組合に対し加入者の健康診断受診が義務付けられていますので、定期的に受ける努力もしています。まだ受けてない方は、家族みんなで健康診断をぜひ受けるようにしましょう。

 また、インフルエンザ予防接種にも補助金が出るようになっています。これも運動の成果ですので、是非、利用していきましょう。今後も組合活動に積極的に参加していきたいと考えています。

「けんせつ横浜」第93号(2017年4月1日)「組合に入ってよかった 助かりました」より。

雇用保険セミナー「週20時間の労働者、試用期間中でも加入」 現場訪問「現場で社保チェック強化」
新着情報ここまで