• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

「組合に入ってよかった 助かりました」西支部Nさん

2015-06-03

拡大行動への参加、それから組合活動に

 大工になりたかった私は、10代の頃田舎から出てきて工務店に入りました。そこの親方には車の免許を取らせてもらったり、職業訓練校に通わせてもらったりと大変お世話になり、親方の勧めで組合に入りました。組合に入った当初は旅行などのレクリエーションにのみ参加していました。

 私が組合活動を始めたきっかけは、日曜拡大行動に参加したことです。組合員さん訪問で訪問先の皆さんと会話したことがとても勉強になったことで、それから組合活動に出るようになり、今では役員を務めています。

 建設業界を取り巻く状況は厳しいですが、現在は独立して一人で仕事をしています。組合には確定申告、建設国保、一人親方労災など、色々な面で相談する機会が増えてきていますが、書記が対応してくれるので助かっています。

 これからも組合を通じて他の支部の組合員さんとも交流を深めていきたいです。皆さんも組合をどんどん利用し、色々な面で勉強していきましょう。

アスベスト訴訟「国やメーカーは基金を作って」補償制度の確立早く シンポジウム「身近に潜む アスベストの危険」6/20開催されます
新着情報ここまで