• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

アスベスト原告団「メーカー責任 一人親方問題に道筋を」

2015-01-15

 首都圏建設アスベスト訴訟神奈川原告団は建設プラザで1月15日、2015新春のつどいを開催し、原告の仲間70人が集まり今後の裁判への団結を深めました。

冒頭あいさつにたった平田第1次原告団団長は「どのようにどのアスベスト建材で暴露したのか、弁護士と協力しながら証明を進めている」、西村弁護団団長は「泉南判決を受けて福岡判決は国に責任があると断罪した。

メーカーの責任、一人親方の問題に道筋をつけるのが今年の課題、全力で頑張る」。参加した原告全員からあいさつがあり、2次原告の渡邊清さん(磯子)は「酸素をしょわなきゃならなくなった。重症ですが、頑張っていきたい」。一人一人が苦しい胸の内やさらなる支援を呼びかけました。

平民部新春学習会「安倍政権暴走にも弱点、運動で展望見出す」 あけましておめでとうございます
新着情報ここまで