• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

「組合に入ってよかった 助かりました」緑支部Yさん

2012-06-04

安心が一番の良薬。建設国保に入ってよかった。

 厳しく長い寒さも終わり、最近は暖かさを感じる事もあり、いっきに花だよりがきかれそうです。いく度も、生死をさまよい自分がわかった時の大変さも2年過ぎようとしています。

電気工事業を営む夫と共に長年働いてきました。時として具合の悪い時もあり、更年期とばかり思っていたのがいけなかった。今は、退院してリハビリに励んで、元気な頃の自分に戻れることを願っています。

自分が、(くも膜下出血)と知った時、建設国保に入っていて本当に良かったとしみじみ思いました。病気には、安心が一番の良薬、夫や家族の支えもあり、医者が驚くほどの回復ができました。建設国保の制度のありがたさを思いながら療養に励み、また皆様とお会いできますことを夢見ております。

組合に係る方、そして主婦の会の皆様の温かい励ましのお見舞いを度々受け、どんなに心強く思ったか、ありがとうございました。

すべてのアスベスト被害者の救済が私たちの望みです。建設横浜は原告団と共に最後まで闘います。 「思いが断たれた不当判決、命がけの訴え届かず」首都圏建設アスベスト訴訟横浜地裁判決
新着情報ここまで