• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

被災地支援に重点化 「復興支援・住宅エコポイント」創設

2012-02-01

住宅の省エネ化、住宅市場の活性化を目的に創設された住宅エコポイントは昨年7月末着工分を持って終了しましたが、政府は新たに従来の目的と合わせ被災地復興支援を合わせた「復興支援・住宅エコポイント」を創設しました。

内容はリフォームの場合、平成23年11月21日~24年10月31日に工事着手もので、窓の断熱改修、外壁、屋根、天井または床の断熱改修と合わせたバリアフリー工事、住宅設備という従来の組合わせに加え、リフォーム瑕疵保険の加入、耐震改修の実施もポイントの対象になりました。

ポイント上限は30万ポイント(耐震改修がある場合は45万)。新築については平成23年10月21日~24年10月31日に建築着工したもので、政府指定の被災地に限り30万ポイント、被災地以外は15万ポイント(いずれも太陽熱利用の場合は2万加算)の発行。ポイントの利用は環境と被災地支援に重点化し、半分以上を被災地支援に当て、残りを追加工事等に充当できるものに変わります。

詳細については、「復興支援・住宅エコポイント」のホームページをご覧ください。

「プレハブよりも木造仮設。緊急でも生活の質向上を。」住宅対策活動者会議 組合に入ってよかった 助かりました。
新着情報ここまで