• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

金沢支部 大胡周一郎さん、現代の名工150人に選ばれる

2011-12-27

卓越した技能を持ち、その道で第一人者と目されている技能者を厚生労働省が表彰する「現代の名工」150人に金沢支部の大胡周一郎さんが選ばれました。

伝統技能が心を癒す4代続く受け継がれる技術

大胡さんは、金沢区で造園業を営み、曽祖父の代から続く植周造園(株)の4代目です。富岡東の旧川合玉堂別邸は、祖父が造園し、代々、手入れや修復などに携わってきました。

最近作られた庭についてパネルで説明する大胡さん

大胡さんの作る庭は、里山の風景の様な、眺めていると心が落ち着く。そんな素朴な自然風庭園の作庭技術に卓越しています。 

 最近では、石積みに興味を持っていて、積み方を考えると眠れなくなる日もあるそうです。
 今回の受賞について、大胡さんは、「長年お付き合いさせていただいているお得意さんや先祖のおかげでいただくことができました。ご褒美だと思っています。ありがたいです」と語っていました。

 また、奥様からは、「うちの人は、朝起きてから、夜眠るまでずっと仕事の事しか考えていないのですよ。ほんとうに真面目なんです」と熱心で真面目に取り組む姿勢が今回の受賞につながったのではないでしょうか。
 また、技能の講習会を開催するなど、次代を担う造園人の育成にも多大な貢献をされています。

大胡さんが手掛けた庭園

 息子さんも後を継いでいて、5代目まで続いていますので、これからも伝統技能を継承し、心が洗われる庭園を造り続けていただきたいと思います。

第35回神奈川県職業訓練生技能競技大会「横浜校で2名が優秀賞」 大手企業交渉で多くの成果「仲間からの現場の声が企業を動かした」
新着情報ここまで