• 建設横浜とは
  • お問い合せ先
  • 資料請求

建設横浜ニュース

「組合に入ってよかった助かりました」

2011-12-01

今だからわかる建設国保の良さ

南支部 Yさん

私は南区六ツ川にて塗装業を営んでいるYと申します。私が組合に入ったのは昭和55年2月1日です。
  当時の組合は建設国保の10割給付を看板に労災や資格取得などで利用する人が多かったと思います。
  私も加入当時は、年も若く、病気などした事もなく、仕事に追われる日々でした。若い頃は、保険料を払うのがもったいないと思った時もありました。
  それでも自分と家族の健康は自分なりに気を使っていたと思います。現在は、息子夫婦と孫2人と私達夫婦との6人暮らしであります。
  8月の半ば頃、前立腺の手術をして16日入院しましたが、組合の共済や国保からの還付金があり、本当にありがたい建設国保である事がこの年になってわかってきました。
  現在の様な不安定の時代には建設国保の良さがよくわかることでしょう。私も連日のように支部の拡大行動に仲間の人たちと 頑張っております。建設国保の良い所をアピールしながら一人でも多くの人たちが組合に加入するように拡大を進めていきたいと思います。

「見て、食べて、買って大満足な東京散策」主婦の会日帰り旅行 「国益」という名の TPP参加は 「国を壊す」
新着情報ここまで